笑顔
ライフサポート事業部 作業療法士

Aiko Murata村田 藍子

2016年入社

人生の折れ線グラフ

オン・ザ・プラネットに
入社をした理由は何ですか?

「そこにいるのはあなたでなければいけない」ホームページで見つけたその言葉に惹かれ、私はこの会社に興味を持ちました。
作業療法士として、働くことが出来る病院や施設はたくさんありますが、ここまで働いている人材を大切にしてくれる会社はないと思います。短所も長所もその人の個性として認めてくれるからこそ自分らしく仕事が出来るのだと思います。自分らしく積極的に行動することで、なりたい自分に近づけると感じたのでこの会社に入社を決めました。

入社当時の村田さん
五十嵐 崇朗さん
Takao Igarashi
ライフサポート事業部

入社当時の責任者から一言!

入社した頃からしっかりとした意志を持っていて、何事にも動じない強さや信念を貫き通す事が出来る人でした。成し遂げたい事に対して素直に掴みにいく姿勢があり、先輩後輩関係なく正面から向き合える素直さが彼女の魅力です。意志がしっかりあるからこそ、強い“我”が先行しそうですが、先輩から指摘をされたとしても感情的にならず自分に反省のベクトルを向けられます。継続できる力もあり、入社一年目からチームの中心として活躍してくれています。

入社してからの Bad ポイントは?

初期研修後、店舗配属が決まり最初は何も出来ない自分に不甲斐なさを感じる日々でした。
「現場に出たらこんな風に働きたい!」という理想と自分の実力のギャップが大きく、目の前のことに挑戦する度に壁にぶつかっていました。楽しそうに働く先輩と私は何が違うのだろ…。私には何が足りないのだろう…。そんなことばかりを考えていました。自信がなくなりそうになった時もあったけれど、それでも自分らしく目の前の課題に向き合ってきました。利用者様に運動を提供すること、知識や技術ももちろん大切だけれど、その先にこの時間を通して利用様を幸せにするというゴールがあるのだと私は感じました。しかし当時は○○さんの目標は何だろう。○○さんに必要なことって何だろう。○○さんにとっての幸せって何だろう。そうやって「相手目線に立つこと」が全然できていなかったな…と今は思います。
当たり前のことに気づくまでに時間はかかってしまいましたが、たくさん悩んだからこそ、新しく挑戦していく後輩達の気持ちに寄り添えることが出来るのだと思います。自分の苦労した経験を次の世代の成長に繋げていきたいです。

入社してからの Good ポイントは?

ライフサポート事業部の表彰式で、私が所属する店舗のスタッフ全員で表彰台に上がれたことです。私が店舗に配属されてから、団体としての表彰はその時が初めてでした。発表の瞬間、それまでの日々が脳裏を駆け巡り胸がいっぱいになったことを覚えています。その店舗は事業部の中でも最大規模の店舗で、他店舗に比べると、人の育成に携わる機会を多く得ることができます。育成担当を任されることが自身の成長に繋がったと感じる半面で、育成した後輩達を他の店舗に出すことが惜しいと思うくらい可愛く感じます(笑)。
しかし、いつ他店舗へ移動しても大丈夫なように、限られた時間だからこそ集中して真正面から向き合ってきました。
今回の受賞は自分の成長だけでなく、自分以外のスタッフの成長の為に時間と労力を費やした結果だと思います。自分がどれだけこの結果に貢献できたか分かりませんが、これからもチームの一員として支え合っていきたいと思います。

DAILY SCHEDULE とある一日のスケジュール

07:30

店舗出勤→清掃、準備

09:00

リハビリ運動指導(個別指導、グループ指導)

14:00

午後も同様にリハビリ運動指導

17:00

利用者様お見送り後、店舗清掃・カルテ記入

18:30

帰宅

PRIVATE 休日の過ごし方

甘いものが好き!

友人とパンケーキで有名なお店へ♪

お酒も好き!

北陸出身のせいか、お酒が…強いです。そして大好きです。

小さな癒し

ハリネズミカフェへ。手のひらサイズで癒されます。

CHARACTER データで見る村田 藍子さん

出身県 富山県
血液型 B型
動物占い
兄弟構成 姉・私・妹
好きな言葉 ケ・セラ・セラ

コレが私のMotto
モットー